不動産業における顧客サービスとは

もちろん、不動産の取引です。
契約前のサービス

・顧客の予算と希望条件の把握
・顧客の希望と現実の差異に関する説明
・お勧め物件の選定・対象不動産及び環境などの説明
・各種住宅ローンに関する説明
・建物の瑕疵や設備の故障などに対する措置の説明
・対象物件の現地案内
・売買代金や賃料以外に必要な諸費用の説明
・契約手続きに関する説明
・顧客の質問に対する回答など

取引が成立した際、宅地建物取引業者は、媒介報酬や販売代金を得ますが、この中に顧客サービスの対価が含まれている以上、ほとんどの顧客サービスは無償の奉仕ではなく、販売活動の一環として、極めて重要な意味を持っています。